「食品ロス」を探しています!

About us

CRUSTは2019年にシンガポールで設立され、2021年に日本法人を立ち上げたばかりのフードテックスタートアップです。

我々は、「まだ食べられるのにもかかわらず、廃棄されてしまう」いわゆる食品ロスをアップサイクルし、ビールやノンアルコール飲料など、新たにおいしい製品に生まれ変わらせています。

【食品廃棄物と食品ロス問題】

世界では現在生産されている3分の1、重さにすると13億トンもの食料品が、まだ食べられるのにも関わらず廃棄され、毎年無駄になっています。この問題は地球温暖化にも大きく関与しており、食品廃棄により排出される温室効果ガスの量は、排出量全体の8%も占めているのです。

【CRUSTのミッション】

CRUSTは事業を通じ、グループ全体で2030年までに、世界全体の食品ロスを1%削減することを目標としています。

 

What we want for Co-Creation?

【その「もったいない!」一緒に解決しませんか?】

CRUST JAPANでは、食品ロスを提供してくださる、企業、組織、工場、農家様を募集しております!

貴社でまだ食べられるのにもかかわらず、廃棄してしまっている食品はございませんか?もったいないとは感じていつつも、どうしても捨てる方が簡単だから捨ててしまう食品。その食品ロス、弊社でアップサイクルをして、おいしい・楽しい・地球に優しい製品に生まれ変わらせましょう!

【どんな食品ロスを取り扱ってもらえるの?】

これまでに、シンガポールと日本でアップサイクルしてきた食品ロスの例としては、以下のようなものがあります。

・パン – 食パン、フランスパンなど
・穀物 – 米、オーツ麦、トウモロコシ
・果物と野菜(果肉、皮、種、殻)
・コーヒーかす、カカオの殻
・お茶の葉

※炊き込みご飯、惣菜パン、サンドウィッチ等は取り扱えません。また、消費・賞味期限を過ぎたもの、カビが生えてしまっているものもお取り扱いが出来ませんので、あらかじめご了承ください。

【どんなアップサイクル商品が出来るの?】

現在弊社では主に、食品ロスのパンや穀物などを使用したクラフトビールのライン「CRUST」と、食品ロスのフルーツや野菜を使用したノンアルコール飲料のライン「CROP」を展開。また今後、「CRUST」の副産物から作ったおいしいパンケーキミックス(現在シンガポールにて研究開発中)など、様々な商品を展開していく予定です。

貴社でのSDGsへの取り組みや、地域町おこしへの取り組みの一環として、ホテルや地域などから出た食品ロスを使用して、オリジナル製品の共同開発・展開を行うことも可能です。まずは是非一度、お問い合わせの上、ご相談ください!

ダウンロードはこちら

 

  • ゼネラルマネージャー / 吉田 紘規

    今後より多くのアップサイクル商品が受け入れられて、食品ロスを継続的に有効活用することが当たり前の世の中にするためには、関わる企業が単なる収益を得るだけでは十分ではありません。おいしい事を大前提として、一般商品からは得られないメリットがある事や、地球環境への配慮の必要性をより多くの人々が正しく理解する必要があります。企業や個人のSDGs、食品ロスへの注目はコロナによってもたらされた生活や思想の変化によって加速度的に進みましたが、それでも食品ロス、アップサイクルなどの言葉が正しく理解されていないことを実感するシーンが多々あります。例えば、食品ロスは消費期限内にも関わらず訳あって廃棄されるものなのですが、もう食べられないものだと思っている人がまだ多くいます。正しく知っていただく事によって、アップサイクル商品を手に取るのが当たり前になり、それがサステナブルな社会への大きな一歩になると確信しています。