アップサイクル商品の製造加工パートナーを探しています!

About us

CRUSTは2019年にシンガポールで設立され、2021年に日本法人を立ち上げたばかりのフードテックスタートアップです。
我々は、「まだ食べられるのにもかかわらず、廃棄されてしまう」いわゆる食品ロスをアップサイクルし、ビールやノンアルコール飲料など、新たにおいしい製品に生まれ変わらせています。

【食品廃棄物と食品ロス問題】
世界では現在生産されている3分の1、重さにすると13億トンもの食料品が、まだ食べられるのにも関わらず廃棄され、毎年無駄になっています。この問題は地球温暖化にも大きく関与しており、食品廃棄により排出される温室効果ガスの量は、排出量全体の8%も占めているのです。

【CRUSTのミッション】
CRUSTは事業を通じ、グループ全体で2030年までに、世界全体の食品ロスを1%削減することを目標としています。

 

What we want for CO-CREATION?

CRUST JAPANでは、弊社商品を委託製造してくださる醸造所様、食品加工工場様、飲料製造工場様を募集しております。

【アップサイクルって何?】
我々CRUSTは、まだ食べられるのにも関わらず廃棄される予定の食品「食品ロス」を従来のように家畜の餌などに回し、元々の価値より低くとも、新たな使用価値を生み出す「ダウンサイクル」ではなく、食品ロスに付加価値を付け、新たにおいしい製品に生まれ変わらせる「アップサイクル」を行い、食品ロスや温室効果ガスの排出削減に取り組んでいます。

【「食品ロス」って、工場・醸造所に入れても安全なの?】
食品ロスはあくまでも、「まだ食べられるのにもかかわらず、捨てられる予定の食品」の事をいい、賞味期限や消費期限を過ぎておらず、まだこちにしても安全な状態の食品の事を指します。

【CRUSTが求める委託製造者様の像】
現在弊社CRUST JAPANでは、食品ロスのパンやお米を使用したクラフトビールのライン「CRUST」の展開のみ(2021年12月現在)となっていますが、今後食品ロスのフルーツや野菜を使用したノンアルコール飲料のライン「CROP」の展開も予定しています。そのため、アルコール(ビールや発泡酒)製造が可能な醸造所様はもちろん、ノンアルコールビールや清涼飲料水の製造が可能な飲料製造工場様、食品ロスのフルーツや野菜を一次加工(搾汁及び濃縮還元やパウダー加工)が可能な、食品加工工場様も併せて募集中です。

ダウンロードはこちら

 

  • オペレーションマネージャー / Josh Grengs (ジョシュ・グレングス)

    より多くの食品ロスの削減を実現していくためには、弊社事業のスケールアップを図っていくことが必要不可欠となっていきます。より沢山のユニークで、おいしいアップサイクル商品を製造し、現在よりも多くのお客様の手元に商品を届けていくことで、食品ロスがもっともっと減っていくってなんだか素敵じゃないですか?そのためにも、皆様のお力添えを必要としています。弊社のビジョンに共感していただけたら、是非ご連絡ください!お待ちしています!

OTHER RECRUITING

    ご意見・ご要望がございましたら以下よりご連絡ください。
    ※お送りいただいた内容に関するご返信は致しませんので、あらかじめご了承ください。