これまで大量生産、大量消費、大量廃棄を
繰り返して進化してきた現代社会。
この一方通行型の経済社会は変えられないのか。
これからの社会には、
自然の生態系サイクルのような
捨てるという概念がない資源が循環しつづける
「サーキュラーエコノミー」の発想を。

OUR CONCEPT

自然と共存する
帝人グループのプレスリリースは
こちら
  • 韓国のセパレータ工場でカーボンニュートラルに向けた取り組みを開始
  • リサイクル炭素繊維の商業化に向けて 富士加飾株式会社との業務提携
  • 炭素繊維のLCA対応を実現