future_logo
JP EN
CONTACT
JP EN

FUTURE NAVIGATION SPECIAL WEBINAR

国谷裕子

国谷裕子
(くにや ひろこ)

ジャーナリスト

米ブラウン大学卒業。1989年からNHK衛星放送「ワールドニュース」キャスター、1993年から2016年3月まで23年間、NHK総合テレビ「クローズアップ現代」キャスターをつとめる。このほか、NHKスペシャル等の番組キャスターも担当。2016年から、SDGs(持続可能な開発目標)の取材・啓発活動を中心に活動を行なっている。
現在、東京芸術大学理事、慶応義塾大学大学院特任教授、自然エネルギー財団理事、国連・食糧農業機関(FAO)日本担当親善大使。
1998年放送ウーマン賞、02年菊池寛賞、11年日本記者クラブ賞、16年ギャラクシー賞特別賞受賞。

SDGs達成期限まで
残り僅かとなった今、
国谷裕子氏×テイジンから見る
企業が取り組むべきこと

いまや社会に広く認知されたSDGsだが、目標達成に向け、今、企業に求められているのは本質的で具体的な対応です。今回は創業100年を越えた日本の代表的な製造業であり、「SDGs企業ランキング」*で総合16位に選出されたテイジンの役員4名のリレー討論形式でSDGsの17項目から各2テーマずつを議論。企業の取組みを多面的に検証したうえで現状の課題やあるべき姿をあぶりだし、「具体的なアクションにつなげるためには」「本質的な活動とは」「どうすればグローバルで協力し世界が直面している課題に真摯に向き合えるか」等についてのセッションを行います。

2022年8月18日(木) 18:00~
アーカイブ配信

※ご都合が良い時間にお好きなプログラムを視聴いただけます
※セッションの録音・録画等はご遠慮ください。

アーカイブ配信お申し込み (無料)

PROGRAM

Dialogue 1

小山俊也 経歴はこちら

患者のQOL向上

医療費抑制

クリーンエネルギーによる気候変動緩和

省資源

資源有効活用

廃棄物削減

人と健康と福祉、そして気候変動に具体的な対策を

国谷裕子 × 小山俊也 取締役常務執行役員 CSR管掌

sdgs3
sdgs13

Dialogue 2

小川英次 経歴はこちら

製品の長寿命化

3R促進でサーキュラーエコノミー構築

クリーンエネルギーによる気候変動緩和

高機能素材で安全な社会

エネルギー/つくる責任、使う責任

国谷裕子 × 小川英次 取締役常務執行役員 マテリアル事業統轄

sdgs3
sdgs13

Dialogue 3

トン・デ・ワイヤー 経歴はこちら

新事業・イノベーション創出の取り組み

海外スタートアップ等パートナーとの連携

共創の仕組み作り

産業と技術革新の基盤・パートナーシップで目標達成

国谷裕子 × トン・デ・ワイヤー 帝人グループ執行役員 マテリアル技術本部長

sdgs9
sdgs17

Dialogue 4

カローラ・ヤプケ 経歴はこちら

ダイバーシティ&インクルージョン

働き方改革

多様な人財・働き方対応

次世代グローバルリーダー育成

ジェンダーレス/働き甲斐・経済成長

国谷裕子 × カローラ・ヤプケ 帝人グループ執行役員 人事・総務管掌

sdgs5
sdgs8

Conclusions

内川哲茂 経歴はこちら

総括 : 2030年、世界はこうありたい

国谷裕子 × 内川哲茂 代表取締役社長執行役員 CEO

※週刊東洋経済2022年7月30日号

更新日:2022.07.19